西日本JRバス運転競技会公開&バスまつりを大阪・舞洲で同時開催

西日本ジェーアールバス(株)では、運転士・整備士が日ごろの運転・整備技術や接客サービス技能と知識を競う「運転競技会」を毎年開催しているが、2019年は9月11日(水曜日)に、大阪の「おおきにアリーナ舞洲」第1駐車場において開催される。

西日本JRバス各営業所での予選を経た選りすぐりの精鋭が一堂に会し、競い合う「運転競技会」には、高速線部門・一般線部門があり、優勝者は頂点を目指す「JRバスグループ全国運転競技会」へ出場する。上は昨年の「運転競技会」の様子。写真:西日本JRバス

さて本年は、そんな「運転競技会」が一般公開され、さらにバス車輛の展示、参加型クイズ、オリジナルグッズの販売などの「バスまつり」も、平日ながら同会場で開催する。なお会場には、西日本JRバス公式マスコットキャラクター「にしばくん」も応援にやってくるとのことなので、より一層盛り上がりそうだ。

展示予定のヨーロピアンデザイン新型2階建バス「スカニア」。写真:西日本JRバス

そして今年の注目は、オリジナルグッズ販売で、完売していた「西日本JRバス発足30周年記念トミカ」が限定再発売されることも挙げられるだろう。バス好きはもちろん、トミカファンにも見逃せないイベントになりそうだ。

昨年に販売して好評のうちに完売した「西日本JRバス発足30周年記念トミカ」の三菱ふそうエアロキングだが、2019年のこの日に限定再発売される。写真:西日本JRバス

[開催場所・日時など]
「おおきにアリーナ舞洲」第1駐車場(大阪府大阪市此花区北港緑地2-2-15)
2019年9月11日(水曜日) 10時~15時半
入場無料
[交通アクセス]
JRゆめ咲線 桜島駅より 舞洲アクティブバス2系統 おおきにアリーナ舞洲前下車
JR・阪神なんば線 西九条駅より 大阪シティバス81系統「舞洲スポーツアイランド行」舞洲中央下車
地下鉄 コスモスクエア駅より コスモドリームライン3系統 おおきにアリーナ舞洲前下車

ここに掲載の内容はアップ日時点の情報になります。その後に状況の変化や、変更があった場合にはご容赦ください。

[寄稿者プロフィール]
秋本敏行: のりものカメラマン1959年生まれ。鉄道ダイヤ情報〔弘済出版社(当時)〕の1981年冬号から1988年までカメラマン・チームの一員として参加。1983年の季刊化や1987年の月刊化にも関わる。その後に旧車系の自動車雑誌やバイク雑誌の編集長などを経て、2012年よりフリー。最近の著書にKindle版『ヒマラヤの先を目指した遥かなる路線バスの旅』〔三共グラフィック〕などがある。日本国内の鉄道・軌道の旅客営業路線全線を完乗している。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。