バス運転者専門の就職博 リッツMC、大阪でも開催

バス運転者専門の求人サイト「バスドライバーnavi」を運営するリッツMC(東京・港区、中嶋美恵社長)は5月の東京開催に続いて2016年6月11日、大阪でバス運転者に特化した就職博「どらなびEXPO2016」を開催した。大阪では昨秋に続いて2回目。

今回出展したのは西日本JRバスや阪急バスグループなど関西を中心に12社・グループ。来場者は150人を超え、それぞれ興味を持つバス会社のブースで会社案内や実務などを熱心に聞いていた。
バスの運転者不足は年々深刻になり、運転者の高齢化も伴って実務環境が厳しく、バスの運行にも支障をきたす状態となっている。このため国内唯一のバス運転者専門の求人サイトや同社が企画する就職博がバス各社の注目を集めている。
中嶋社長によると、今回は来場者150人のうち20代、30代が5割近く、特に8割近くが大型2種免許の取得者で、また昨秋開催では、新規運転者を一気に10人、8人採用するバス会社もあったという。今後は春秋に東京、名古屋、大阪での就職博を開催し、運転者不足の解消を支援したいと語った。
就職博には近畿運輸局の西川孝秀自動車交通部次長、新屋敷昭一旅客1課長はじめ、近畿管内のバス協会役員らも視察した。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。