2019年「京成バスお客様感謝フェスティバル」開催のお知らせ

2019年10月19日(土曜日)10時~15時に、千葉県の幕張メッセ国際展示場8番ホールにおいてバス・イベント『京成バスお客様感謝フェスティバル』が京成バス株式会社の主催により開催される。入場無料。

昨年の写真で、幕張メッセ国際展示場ホールを会場にしているので、雨天でも開催されるのが嬉しい。

フェスティバルの内容は京成バスを始め京成グループの特徴的なバス車両の展示はもちろん、高速バス試乗会、連節バス洗車体験、お子様向けコーナー、パネル展示、軽食販売などが行われ、さらに京成グループコーナー(京成グループタクシー・京成建設・鋸山ロープウェー)のブースも設置される。
昨年の写真にて、展示予定のバス車両のうちの一部を紹介しておこう。

「リカちゃんラッピングバス/京成バス」。東京都葛飾区での運行でおなじみのタカラトミーのリカちゃんを纏ったバス車両。車内のデコレーションも見どころ。(c)TOMY

「ハイブリッドバス/千葉内陸交通」。TOMXやジオコレを製造販売しているトミーテックが車体デザインを手がけた路線バス車両。

ステージイベントもある。詳細は下記URLにて。
http://keiseibus.co.jp/special/fes_2019.html
会場へはJR京葉線海浜幕張駅南口より徒歩約10分。バスだと、京成線・JR総武線 幕張本郷駅から京成バス[幕01]「ZOZOマリンスタジアム」「医療センター」行乗車のうえ「幕張メッセ(東口)」降車。

ここに掲載の内容はアップ日時点の情報になります。その後に状況の変化や、変更があった場合にはご容赦ください。

[寄稿者プロフィール]
秋本敏行: のりものカメラマン1959年生まれ。鉄道ダイヤ情報〔弘済出版社(当時)〕の1981年冬号から1988年までカメラマン・チームの一員として参加。1983年の季刊化や1987年の月刊化にも関わる。その後に旧車系の自動車雑誌やバイク雑誌の編集長などを経て、2012年よりフリー。最近の著書にKindle版『ヒマラヤの先を目指した遥かなる路線バスの旅』〔三共グラフィック〕などがある。日本国内の鉄道・軌道の旅客営業路線全線を完乗している。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。