埼玉県西南に路線網を持つイーグルバスの公式キャラ「イーグルくん」

2018年11月23日に埼玉県川島町主催で「バスフェスティバル2018」が開催されたが、そこにシルバー車体のエルガミオを出展していたのがイーグルバス株式会社だ。ところでその日、同社の公式キャラクターの「イーグルくん」が会場に来れなかったのだ。なので、どんなキャラクターなのかを皆に見てもらいたいので、ここで紹介しちゃおう。なお、このフェスティバルの展示車輛たちは2018年12月26日アップの「埼玉県川島町主催バスフェスティバル2018展示車両を紹介」(←その記事はココをクリック)の中で紹介しているので、合わせて見ていただけるとありがたい。

左写真はイベントへ出陣する前の姿。タスキを掛けて気合い十分。右写真は東京都の立川バスファン感謝イベントに参加した時のワンショット。共に写っている車輛は、イーグルバスが運行している小江戸巡回バスの一部に運用されているボンネットバスで、一緒に駆けつけた。

イーグルバスは、小江戸川越を巡回するボンネットバスを運行しているバス会社としてファンの間では有名だが、他に東秩父村など埼玉県南西部の路線バス、川越からの関西地区への高速バス・羽田空港連絡バスや、観光・貸切バスも運行している。
イーグルくんはプロフィールによると、その同社に2017年に広報担当で入社したとのこと。イーグルバス運行区間沿線などのイベントに出向くことが多いので、見掛けたら「よろしくお願いします!!」とはイーグルくんのメッセージだ。

左写真は西武本川越駅の近くにある小江戸蔵里で開催されたキャラクター祭りに出演した時の一コマ。ちなみに「小江戸蔵里」は旧酒蔵を利用した観光施設で、土産物屋と飲食店がある。中写真と右写真はJR・東武川越駅西口側にあるショッピングモールのウニクス川越にて開催された、なんと裏キャラクター祭りに出演した時の様子。大勢のキャラクターに囲まれてノリノリ。

ちなみにイーグルバスでは、イーグルくんクッズの販売もしている。詳細は下記URLにて。
www.new-wing.co.jp/eaglekun/index.html

ここに掲載の内容はアップ日時点の情報になります。その後に状況の変化や、変更があった場合にはご容赦ください。

[寄稿者プロフィール]
秋本敏行: のりものカメラマン1959年生まれ。鉄道ダイヤ情報〔弘済出版社(当時)〕の1981年冬号から1988年までカメラマン・チームの一員として参加。1983年の季刊化や1987年の月刊化にも関わる。その後に旧車系の自動車雑誌やバイク雑誌の編集長などを経て、2012年よりフリー。最近の著書にKindle版『ヒマラヤの先を目指した遥かなる路線バスの旅』〔三共グラフィック〕などがある。日本国内の鉄道・軌道の旅客営業路線全線を完乗している。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。