ウィラートラベルとジェットスター連携「AIR&BUS」ハブ&スポーク構築へ

ウィラートラベルは4月27日からジェットスター・ジャパンと連携し、LCC(格安航空)の航空ネットワークと高速バス路線ネットワークを生かして国内観光旅行の質の向上と規模の拡大を進め、航空とバスによる「ハブ&スポーク」の構築を目指す。

ハブ&スポークの構想は、LCCの長距離輸送の速達性と高速バスの空港から地域に広がる地域網羅性を効果的に組み合わせることで「安く早く便利な」観光交通インフラを提供すること。インバウンドの増加や国内旅行需要の旺盛さを背景に旅行者が拡大している中で、目的地までの移動手段は、交通機関ごとに異なる予約や乗り継ぎなどが不便となっている。このため航空と高速バスの連携でシームレスな旅行環境を実現する。
業務提携の皮切りとなるのは2016年6月1日で、ジェットスターが東京(成田)発名古屋(中部)行きの特別フライトを運行するのに合わせ、1日限定の「AIR&BUS成田発伊勢行きツアー」をウィラートラベルが発売する。価格は片道7,490円(往路のみ)、神楽やお伊勢案内人、食べ歩きクーポンがついて11,490円。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。