大阪バス 路線バスに初進出 29日、2路線で運行開始

東京バスグループの大阪バス(西村信義社長)は29日から東大阪市の近鉄「布施駅」から八尾市の「近鉄八尾駅」、八尾市の「JR久宝寺駅」から大阪市地下鉄「出戸駅」まで新規路線バスの運行を開始する。同社は貸切バス、高速バス、関西空港リムジンバスを運行しているが、市内路線バスの運行は初めて。

n0275b
同社が運行するエリアは、過去に他社が路線バスを運行していたが撤退。今回大阪府、大阪市、東大阪市、八尾市の協力を得て新規開設する。
「布施八尾線」は1日12往復。「久宝寺出戸線」は同6往復で、それぞれ日野自動車の小型ノンステップバスを運行する。29日には近鉄八尾駅停留所で出発式を行う。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。