「成田シャトル」31日運行を開始 ウィラーなど3社

ウィラーアライアンス、京成グループ、東京都品川区、千葉県芝山町、NAA成田国際空港会社は2016年10月31日から、東京・大崎駅西口バスターミナル~成田国際空港~芝山町を結ぶ低価格空港連絡バス「成田シャトル」の運行を開始する。

n1020a
ウィラーエクスプレス北信越、京成バス、千葉交通の3社が1日43便を共同運行し、ピーク時には30分間隔で運転する。併せて、ウィラーエクスプレスは新シートを搭載した新車両5台を投入する。
大崎西口バスターミナルと芝山町役場の始発便は午前5時15分、最終便は大崎西口ターミナルが午前1時、芝山町役場は午後10時15分。成田空港第1・第2・第3(LCC専用)ターミナルなどを経由する。
運賃(片道)は1200円、WEB割が1千円。成田空港のバス乗車券販売カウンターでチケットを販売するほか、ウィラートラベルとJAPAN BUS LINES(JBL)の両サイトでの事前受け付け、乗車時の現金支払いにも対応する。ウィラーエクスプレスの全路線が乗り放題となる訪日外国人向けパス「JAPAN BUS PASS」も利用できる。

成田空港と都心を連絡する低価格高速バスを運行することで、LCCを中心とした航空ネットワークの拡充に伴い増加する利用者の低廉なアクセスの需要に答える。さらに、20年東京オリンピック・パラリンピックに向けて増加が見込まれる訪日外国人旅行者を見据え、引き続き輸送力を増強する。
大崎駅は山手線・湘南新宿ライン・埼京線・りんかい線の鉄道4路線が乗り入れ、渋谷・新宿やお台場など臨海副都心地区や川崎エリアの利用を見込んでいる。さらに、西口バスターミナルから全国各地に広がるバスネットワークに接続可能で、低廉でスムーズな国内移動を提供する。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。