西武バス 初の「ハロウィンバス」立川営業所管内で運行

西武バス(埼玉県所沢市、新田力社長)は2016年10月2~31日まで、立川営業所の路線バス1台に車体ラッピングと車内装飾を施した「ハロウィンバス」を運行した。

t1121a

「ハロウィンバス」は、車外を「かぼちゃバス」、車内を「ゴーストタウン」に見立てており、東京都と埼玉県内の路線バスでは初めての試みとなる。
「ハロウィン」と西武バスのマスコットキャラクター「エンジェ」をモチーフとし、左側面は「おばけエンジェと一緒に、ゴーストタウンへ続く階段を上って行こう♪」、右側面は「かぼちゃのカップケーキをイメージ♪紫色のクリームがたっぷり!」、背面は「ジャク・オ・ランタンがにっこり★」をデザインとしている。車内もハロウィン一色のデザインとした。
初日の2日は、埼玉県入間市の三井アウトレットパーク入間でハロウィンバスを展示、買い物に来た家族連れなどから注目され、バスをバックにスマートフォンで撮影する光景が見受けられた。イベント終了後は、立川駅南口行から運行を開始。3日以降は立川営業所管内の各路線で運行された。
最終日の30日は、三井アウトレットパーク入間のハロウィンイベントで再び展示された。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。