関東バス フレンドまつり 特徴ある車両に人気

関東バス(内藤泉社長)は2016年10月30日、東京・武蔵野市緑町の武蔵野営業所車庫で「第14回関東バスフレンドまつり」を開き、大勢の家族連れやファンで賑わった。

t1121b

会場では、同社唯一の日産ディーゼル製の3扉車、導入されたばかりの「いすゞエルガ」、同社のマスコットキャラクター「かんにゃん。」のラッピングが施された「日野ブルーリボン」の特徴ある3台を展示。特に「かんにゃん。」のラッピングバスは初披露となった。
行先方向幕などのバス部品販売、オリジナルグッズ販売、ヨーヨーすくい、ぬりえ、大抽選会、射的ゲームなどが実施された。
なお、当日は武蔵野消防署もポンプ車を展示するとともに、初期消火体験、子ども用防火衣試着を行った。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。