高速バス4社「渋谷~軽井沢・草津線」運行開始

東急トランセ(東京都目黒区)、京王バス東(同府中市)、上田バス(長野県上田市)、西武高原バス(埼玉県所沢市)は2017年3月16日から、高速バス「渋谷マークシティ~軽井沢・草津線」の共同運行を開始する。

都心の一大拠点である渋谷から、リゾートやショッピングなどが楽しめる軽井沢と、日本三大名泉として知られる草津温泉という2つ観光地へダイレクトにアクセスする高速バスが誕生する。運賃の支払いには、ふるさと納税により草津町が発行する「くさつ温泉感謝券」が利用できる。
1日8便運行し、渋谷駅からの大人片道運賃は軽井沢駅・東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢が3千円、北軽井沢・草津温泉バスターミナルが3500円。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。