ヤマト運輸が北海道の農水産品を客貨混載輸送

ヤマト運輸(長尾裕社長)、沿岸バス(出口治康社長)、北海道天塩町(浅田弘隆町長)は3者連携協定を結び、2017年9月1日から天塩町~豊富町間の路線バスで「ひと・もの協働輸送(客貨混載)」を開始した。

首都圏への翌日配送を実現し、農水産品などの高付加価値化や販路拡大による地方創生とバス路線網の生産性向上を図る。
北海道北部に位置する天塩町地域の主な食資源である魚介類や農産物(乳製品)、山菜などは鮮度が決め手だが、宅急便で首都圏に送るとこれまでは到着するのが翌々日だった。
今回の3者連携による取り組みは「超速宅急便」として当日午前中に受け付けた農水産品などを沿岸バスの路線バスに混載し、航空輸送を使った配送ルートに接続させ、首都圏へ翌日午前中(茨城・栃木・群馬・山梨の4県は午後2時以降)に配達する輸送スキームを構築した。
天塩港で当日朝に水揚げされた魚介類も翌日午前中には東京のレストランに食材として届けられ、都市部から遠隔地にある天塩町地域の食資源の販路拡大を支援する。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。