バスまつり2018in晴海 展示車両を紹介

9月20日の「バスの日」にちなんだ『バスの日イベント バスまつり2018in晴海』が2018年9月15日に、東京都中央区の晴海客船ターミナルを使用して、東京都交通局の主催により開催された。

当日は大雨にも関らず、会場は大勢の来場者でにぎわい、バス好きの裾野の広さを見せていた。そんな催しのうち、ここでは屋外会場に展示されたバス車両を紹介。では右側列手前から眺めていこう。

都バスS-C268深川営業所 J-BUSいすゞエルガ 2DG-LV290N2ノンステ。

京急バスM2850大森営業所 J-BUSいすゞエルガ 2KG-LV290N2ノンステ。

京王バス南J21214多摩営業所 J-BUS日野ブルーリボンII QPG-KV234L3ノンステ。

小田急バス11-A9317吉祥寺営業所 J-BUSいすゞエルガ LKG-LV234L3ノンステ。

関東バスA7109阿佐谷営業所 J-BUS日野ブルーリボンII LKG-KV234L3ノンステ。

東急バス弦巻営業所 日産ディーゼル スペースランナーRM PB-RM360GAMノンステ。

なおイベントはこの屋外展示以外にも、1階屋外のサブ会場ではキッチンカーなどによる屋台村選手権、2階メイン会場では東京都交通局と協賛各社によるブースの出展、4階ステージ会場では参加各社局のマスコットキャラクター撮影会およびクイズ大会やレア賞品大抽選会などのステージイベントがおこなわれていた。
タイトル写真はその中の、4階ステージ会場で行なわれたキャラクター大集合の一幕。左から東急バス「ノッテちゃん」、京王バス「ピンポン」「パンポン」、都営バス「みんくる」、都電「とあらん」、関東バス「かんにゃん」、小田急バス「きゅんた」の面々。MCは久野知美さん。

ここに掲載の内容はアップ日時点の情報になります。その後に状況の変化や、変更があった場合にはご容赦ください。

[寄稿者プロフィール]
秋本敏行: のりものカメラマン1959年生まれ。鉄道ダイヤ情報〔弘済出版社(当時)〕の1981年冬号から1988年までカメラマン・チームの一員として参加。1983年の季刊化や1987年の月刊化にも関わる。その後に旧車系の自動車雑誌やバイク雑誌の編集長などを経て、2012年よりフリー。最近の著書にKindle版『ヒマラヤの先を目指した遥かなる路線バスの旅』〔三共グラフィック〕などがある。日本国内の鉄道・軌道の旅客営業路線全線を完乗している。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。