埼玉県川島町主催 バスフェスティバル2018 展示車両を紹介

2018年11月23日に、埼玉県比企郡川島町にある平成の森公園において『バスフェスティバル2018』が川島町の主催により開催された。

平成の森公園は、JR川越線・東武東上線川越駅東口前からバスで40分、そこから徒歩20分の場所にある。バスフェスティバル2018 開催地にしてはバス停からかなり離れた地点だが、この場所になったのは、同日にこの公園の多目的広場で同じ主催者により川島町農業商工祭を同時開催していたつながりによる。したがって、模擬店などが並ぶその脇で参加バス事業者のバス車両を展示するという、面白いイベントスタイルで催された。
会場内はこれらのバス車両展示をメインに、トヨタFCバス試乗会、子供制服記念撮影、スタンプラリーなども行われ、親子連れで賑わっていた。
ここではその展示車両を東(上写真右)側から紹介していこう。

バス試乗会に使用されたのはトヨタFCバス(燃料電池バス)で、愛知県からの参加展示。人気のコーナーで大勢の人々を乗せて走り回っていた。

国際十王交通熊谷営業所3005 いすゞエルガQKG-LV290N1。ラグビーW杯2019ラッピングバスで開催地熊谷をアピール。

東武バスウエスト大宮営業事務所5040 日野ブルーリボンII QPG-KV234L3。ラグビーW杯2019ラッピングが、上とは車体長が違うにも関わらず、巧く収まっているのが不思議ではある。

川越観光自動車森林公園営業所1047 日野ブルーリボン・ハイブリッドQSG-HL2ANAP。「K.K.J」は 川越観光自動車 のイニシャル。

国際興業バス西浦和営業所3100 いすゞエルガQDG-LV290N1。浦和でもラグビーW杯2019ラッピングバスが走っている証し。埼玉全県で盛り上がっていることが窺える。

イーグルバス川越営業所3339 エルガミオ 2KG-LR390J3。ボンネットバスを使用した小江戸巡回バスを運行しているバス会社でもある。

トヨタはジャパンタクシーも展示。車いすごと乗車できることを知らせていた。

川島町農業商工祭との同時開催なので、会場内には模擬店や屋台が多く立ち並び、食料には困らないイベントでもあったことを申しそえておこう。

記者が気にいって撮った東武バスの「ミニチュアバス停」。ワードを自身で考えて入れてもらえるオーダー販売で、価格は3000円+送料。

ここに掲載の内容はアップ日時点の情報になります。その後に状況の変化や、変更があった場合にはご容赦ください。

[寄稿者プロフィール]
秋本敏行: のりものカメラマン1959年生まれ。鉄道ダイヤ情報〔弘済出版社(当時)〕の1981年冬号から1988年までカメラマン・チームの一員として参加。1983年の季刊化や1987年の月刊化にも関わる。その後に旧車系の自動車雑誌やバイク雑誌の編集長などを経て、2012年よりフリー。最近の著書にKindle版『ヒマラヤの先を目指した遥かなる路線バスの旅』〔三共グラフィック〕などがある。日本国内の鉄道・軌道の旅客営業路線全線を完乗している。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。