バスまつり2016in晴海 屋内会場を眺める

9月20日の「バスの日」にちなんだ『バスの日イベント バスまつり2016in晴海』が2016年9月17日に、東京都中央区の晴海客船ターミナルを使用して、東京都交通局の主催により開催されたニュースは、当サイト10月25日付で報じたが、ここでは屋内会場の模様を紹介しよう。

4階ステージ会場で行なわれたステージイベントには、親子連れが多数訪れて大盛況だった。

4階ステージ会場で行なわれたステージイベントには、親子連れが多数訪れて大盛況だった。

イベント内容は、2階メイン会場では都バスと協賛各社によるブースの出展、4階ステージ会場では主催と協賛各社局のマスコットキャラクター撮影会などのステージイベント、1階屋外のサブ会場では、キッチンカーなどによる屋台村選手権、そして大型車専用駐車場においては既報の通り、主催の都バスと協賛各社のバス車輛展示がおこなわれた。

2階メイン会場入口付近に設置された「撮影スポット」は子供たちで大にぎわい。

2階メイン会場入口付近に設置された「撮影スポット」は子供たちで大にぎわい。

2階メイン会場にはアナウンス体験などのコーナーも開設された。

2階メイン会場にはアナウンス体験などのコーナーも開設された。

バス部品はオークション方式で販売。

バス部品はオークション方式で販売。

トミーテック・ブースには12月発売予定のバスコレ試作品も展示。

トミーテック・ブースには12月発売予定のバスコレ試作品も展示。

大型車専用駐車場における各社局による展示車両は次の通り。都バスが日産ディーゼル+富士重製車体N-K469と三菱ふそうエアロスターT-Y490(バスコレモデル)、京浜急行バスがいすゞエルガM2647、関東バスが日野セレガ96、京王バスが日野ブルーリボンIIB21516(ピンポン・パンポンのラッピングバス)、東急バスが三菱ふそうエアロスターM1661、小田急バスが三菱ふそうエアロスター16-A6086 を各々出展した。

大型車専用駐車場における各社局による展示車両は次の通り。都バスが日産ディーゼル+富士重製車体N-K469と三菱ふそうエアロスターT-Y490(バスコレモデル)、京浜急行バスがいすゞエルガM2647、関東バスが日野セレガ96、京王バスが日野ブルーリボンIIB21516(ピンポン・パンポンのラッピングバス)、東急バスが三菱ふそうエアロスターM1661、小田急バスが三菱ふそうエアロスター16-A6086 を各々出展した。

閉会直前に、 都バス展示車の日産ディーゼル+富士重製車体N-K469が直行バス乗り場を迂回して帰るというサプライズを披露してくれた。

閉会直前に、 都バス展示車の日産ディーゼル+富士重製車体N-K469が直行バス乗り場を迂回して帰るというサプライズを披露してくれた。


[dfp]

[寄稿者プロフィール]
秋本敏行: のりものカメラマン1959年生まれ。鉄道ダイヤ情報〔弘済出版社(当時)〕の1981年冬号から1988年までカメラマン・チームの一員として参加。1983年の季刊化や1987年の月刊化にも関わる。その後に旧車系の自動車雑誌やバイク雑誌の編集長などを経て、2012年よりフリー。最近の著書にKindle版『ヒマラヤの先を目指した遥かなる路線バスの旅』〔三共グラフィック〕などがある。日本国内の鉄道・軌道の旅客営業路線全線を完乗している。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。