バスのバーティが今年もソドー島から大井川にやってくる

きかんしゃトーマスとなかまたちが、2019年も6月22日から、静岡県の大井川鐵道にやってくる。そしてそのメンバーにはバスのバーティも入っている。
ということで、ここで運転スケジュールなどを紹介しちゃうぞ。

(c)2019 Gullane [Thomas]Limited

まず、日程は下表のとおりで、6月22日~12月1日の期間のうちの通算87日に渡り、大井川鐵道新金谷-川根本町千頭間で走行する。
運転時刻は往路が新金谷10時20分発→千頭11時54分着、復路が千頭14時10分発→15時30分着。

きかんしゃトーマス号とバスのバーティーの運転日が一緒なのが見てとれる。運転時刻もほぼ同じなので、途中で両者の競演があるかも知れない。ちなみに、本年度は「きかんしゃトーマス号 クリスマス特別運転」の実施は予定していないそうだ。

バスのバーティーの乗車チケットは大井川鐵道グループの大鉄サービスフレンドツアーによる、片道バーティー、もう片道はトーマス号への乗車の往復ツアー(Aコース往路バーティー、Bコース復路バーティー)という形で販売されるので、乗車するには大井川鐵道公式HP内(http://oigawa-railway.co.jp/)のWeb申込みフォームから「トーマス号に乗る」>「トーマス号のツアーに参加したい!」>「バスのバーティー号に乗ろう・ツアー詳細」>「予約はこちら」で申込みすることになる。なお、各回16名と稀少なツアーのため、全日程抽選となっている。受付期間は、第1次の6月22日~9月30日出発分が4月1日(月)12時~4月8日(月)9時。第2次の10月4日~12月1日出発分が6月1日(土)~6月8日(土)。
チケットは往復乗車のセットで、大人1名7,500円、小人(1歳~小学生)1名6,000円、0歳児1名500円。
問合せは大鉄観光サービスフレンドツアーセンター 0547-46-3134(受付9時~17時30分 日・祝日休み)。

ここに掲載の内容はアップ日時点の情報になります。その後に状況の変化や、変更があった場合にはご容赦ください。

[寄稿者プロフィール]
秋本敏行: のりものカメラマン1959年生まれ。鉄道ダイヤ情報〔弘済出版社(当時)〕の1981年冬号から1988年までカメラマン・チームの一員として参加。1983年の季刊化や1987年の月刊化にも関わる。その後に旧車系の自動車雑誌やバイク雑誌の編集長などを経て、2012年よりフリー。最近の著書にKindle版『ヒマラヤの先を目指した遥かなる路線バスの旅』〔三共グラフィック〕などがある。日本国内の鉄道・軌道の旅客営業路線全線を完乗している。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。