真田丸ツアーなど春の宿泊新商品 はとバス

はとバス(中村靖社長)はこのほど、16年春(3~7月)宿泊バスツアー商品を発表した。全69コース(15年66コース)を設定し、利用人員6100人(前年同期比0・3%増)、売上高1億5500万円(0・2%増)と前年並みの実績を目指す。

NHK大河ドラマで話題の戦国武将・真田幸村ゆかりの長野県上田市の「真田丸大河ドラマ館」や桜の名所として有名な上田城址公園などを巡るツアーを6コース設定したほか、現在放映・公開中のテレビや映画で話題のスポットに案内するコースを多数発表した。
今年は7年に1度の諏訪大社御柱祭が行われる年に当たり、諏訪大社上社・下社での木落としを見学できる桟敷席を用意したツアーを3コース設ける。
岐阜県高山市では市制80周年を記念した「春の高山祭」と「秋の高山祭」のからくりが同時に見られる「高山祭屋台からくり競演」の期間に合わせて、最上級バスのピアニシモⅢで行くツアーや、新緑の上高地に立ち寄るツアーなど3コースを提供する。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。