パス1枚で関西周遊 外国人旅行客の不便解消

2016年4月8日から実証実験スタート

関西経済連合会と関西の主要鉄道9社、新関西国際空港が組織する「関西ワンパスワーキンググループ」は、1枚のパスで関西を周遊できる統一交通パス「KANSAI ONE PASS」(関西ワンパス)の実証実験を4月8日から実施する。

関西ワンパスは、JR西日本の「ICOCA」をベースにしたチャージ式交通ICカードで、関西を訪れる外国人旅行者の交通機関利用の不便さを解消し、回遊性の向上や消費意欲の喚起、観光情報の発信強化に貢献できるとして、関西へのインバウンドの拡大を期待している。
関西ワンパスの発売枚数は3万枚で、発売額はデポジット(預かり金)500円を含む3千円。関西空港駅や鉄道各社の京阪神主要駅でパスポートを確認した上で発売する。実証実験は来年3月31日まで実施し、JR西日本の「ICOCA」とスルッとKANSAIの「PiTaPa」の利用可能エリアで使用できる。さらに関西空港内41店舗をはじめ関西の様々な観光スポットの施設、店舗でカードを提示すると割引など優待特典を付けた。
[dfp]
発売時には4カ国語に対応した専用モバイルサイトに誘導するQRコード付きで関西空港からの鉄道路線図の広域マップを含む利用ガイドを配布する。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。