国産初のハイブリッド連節バス いすゞと日野が共同開発へ

いすゞ自動車(片山正則社長)と日野自動車(市橋保彦社長)は2017年2月13日、国産初のハイブリッド連節バスを共同で開発し、2019年の市場投入を目指すと発表した。

n0216b

連節バスは、2台の車両を専用のターンテーブルなどでつなげたバスで、1台(1人のドライバー)で大型路線バス2台分(最大160人程度)の人員輸送を可能にする。世界的にBRT専用車両として活用されるケースが多い。日本ではまだ馴染みが薄いが、ドライバー不足対策や、2020年の東京オリンピックに向けて、鉄道より低コストで整備できる輸送手段として着目されている。昨年10月には三菱ふそうトラック・バス(マーク・リストセーヤCEO)がメルセデス・ベンツの連節バス「シターロG」右ハンドル仕様を投入し、日本市場開拓に向けて本格的な活動を始めたところだ。
いすゞと日野は、先行したベンツブランドに対抗すべく、「日本の法規に合わせた車両サイズとし、環境負荷にも配慮してハイブリッドシステムを採用する」という。生産は両社の合弁会社であるジェイ・バス(前田啓二社長)が担当。日本にマッチしたモデルとして、急拡大が見込まれる市場獲得を狙う構えだ。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。