いすゞ中型路線バス 新型「エルガミオ」17年ぶり全面改良

いすゞ自動車(片山正則社長)は、中型路線バス「エルガミオ」を17年ぶりにフルモデルチェンジし、2016年4月5日から発売した。

エルガミオ
新型「エルガミオ」は、ノンステップエリアの通路幅・室内高、後方段上部の室内長・室内高を拡大し、広々とした室内空間を実現することで、利便性・安全性がさらに向上した。また、優先席周りの安全性向上、反転式スロープ板の採用による車椅子乗降の簡易化・時間短縮化を図った。さらに、新たな車椅子固定装置により作業の省力化が可能になるなど、バリアフリー・ユニバーサルデザインをレベルアップした車両となっている。
環境性能・燃費性能の向上を図るため、軽量でコンパクトな210馬力の「4HK1―TCN」エンジンを採用。重量車モード燃費は2015年度重量車燃費基準を全車で達成した。
トランスミッションはAMT(自動クラッチマニュアルトランスミッション)の1種類。MTベースながらクラッチ操作が不要で、アクセルとブレーキの2ペダルとしたことにより、使いやすいイージードライブを実現し、スムーズな運転が可能となっている。
目標販売台数は年間200台。販売価格は2099万4120円。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。