三菱ふそう 従業員向けの保育施設開設

三菱ふそうトラック・バスは25日、商用車業界初となる従業員向けの保育施設「FUSO KINDERGARTEN」を本社・川崎工場近隣に2月2日から開設すると発表した。

同社は、在宅勤務制度や育児休業・育児勤務制度、小学校3年生までの子供が病気・けがをした際の看護休業制度、コアタイムなしのフレックスタイム制度など、従業員への子育て支援策の充実に力を入れている。
施設は0~2歳(年度初め4月時点)を対象とし、定員15人。日英ともに話すことのできる語学堪能なスタッフを配備している。

http://www.mitsubishi-fuso.com/jp/news/news_content/160125/160125.html

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。