三菱ふそう 従業員向け保育施設開設

育児休業からの復帰を支援

三菱ふそうトラック・バスは2016年2月2日、商用車業界初となる従業員向け(居住地に制限はない)の保育施設「FUSO KINDERGARTEN」を本社・川崎工場近隣に開設した。育児休業からの復帰を支援する目的で、初年度は11人の申し込みがあるという。

三菱ふそう 従業員向け保育施設開設
同社は在宅勤務制度や育児休業・育児勤務制度、小学3年生までの子供が病気・けがをした際の看護休業制度、 コアタイムなしのフレックスタイム制度など、従業員への子育て支援策の充実に力を入れている。育児休業も3年まで取得することができるが、早期復帰を望む社員の声に応えて、2014年9月にプロジェクトを立ち上げた。
[dfp]
金井祐子セールス・カスタマーサービス人事マネージメント部長は「職場復帰を望みながらも、預ける保育園がないという社員の受け皿として設置した」と経緯を説明し、「将来的には規模を広げ、CSRの一環として地域の待機児童も受け入れられれば」と抱負を述べた。
なお、施設はマンションの1階に約100㎡のスペースを確保。法的には20人の受け入れが可能だが、余裕を持って定員は15人とした。日英語ともに話すことのできる語学堪能なスタッフを配備している。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。