NEDO 大型2階建てEVバス マレーシアで実証

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO、古川一夫理事長)は2016年6月6日、マレーシアのプトラジャヤ市で、重量の制約上これまでEV(電気自動車)化は困難とされていた大型の2階建て(ダブルデッカー)EVバスシステムの実証を世界に先駆けて行うと、発表した。

n0609b

プトラジャヤ市は、政府機関が集中している新行政都市。同市では都市交通システムの効率向上によるスマート化を目指しNEDOと基本協定を結び、2019年度までを期間として15年度から、超急速充電システムや蓄電池の長寿命性能などEVバスシステムの実証事業を進めている。
2階建てEVバス実証は、追加事業として実施されることになり今月3日、基本協定の訂正が行われた。
ダブルデッカーバスは、道路専有面積・運転手あたりの輸送能力が高く、マレーシアをはじめアセアンなどのアジアの人口過密地域での導入が進んでいる。しかしバスの車両重量が道路の重量制限上限値に達してしまうことから、同バスのEV化が困難とされてきた。
今回の実証事業は、最適な容量の蓄電池搭載と10分間充電を実現する大電力充電技術により、ディーゼル並みの運行性能を有する大型のダブルデッカーEVバスの開発につなげるのが目的。
事業内容は、主要営業路線において、長寿命かつ超急速充電可能な2次電池を搭載したフルサイズ(長さ12m)のEVバス運行や超急速充電システムの現地設置、搭載電池の品質や充電状態およびバス運行状況のモニタリングシステムの構築などの実証を予定。事業は東芝、ピューズ、ハセテック、オリエンタルコンサルタンツグローバルの4社とマレーシアのバス運行会社のPAPSB社が共同で実施する。
NEDOでは「本事業をショーケース化することでマレーシアがアセアンのEVハブとなることに貢献し、都市交通パッケージ事業の広域展開を目指したい」としている。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。