新会長に植田奈交社長 奈良バス協が総会

奈良県バス協会は2016年6月24日、奈良市内で第40回通常総会を開催。事業報告や収支決算を審議して承認した。任期満了に伴う役員改選では、中村憲兒会長が退任し、植田良壽奈良交通社長が新会長に就いた。

n0630a
中村会長は4期8年を務め、退任挨拶では「奈良の協会は大きな問題はなかったが、バス事業は厳しかった。最近は大きな事故が発生し、さらに規制強化の方向だ。しかし、無事に終えることに感謝したい」と述べ、会員に協会運営への協力に謝意を示した。
植田新会長は「皆さんの指導を得てしっかりやっていきたい」と言葉少なめながら決意を表明した。
その他の役員人事では、奥村卓司理事に代わって川邊経恭エヌシーバス社長、内田恭監事に代わって清水徹大紀観光副社長がそれぞれ就任した。また西本光良専務理事も退任し、山口勝彦氏が就いた。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。