いすゞ製観光バス 無料点検の実施を要請

国土交通省はいすゞ自動車が8月26日から大型観光バスのガーラとスーパークルーザー(製造期間92年7月~05年8月、対象車両2891台)の無料点検を開始したのを受け、同日付で地方運輸局、日バス協とユーザー、日整連、自動車機構に対して、日常点検の徹底と無料点検の速やかな実施を文書で要請した。

両車種は融雪剤を使用される地域での走行などにより、ショックアブソーバーの取付部の腐食が進行し、適切な点検・整備をせずに長期間使用を続けると、ショックアブソーバーが折損する場合がある。
特に、フロントショックアブソーバー(右側)が折損すると、操作機構のピニオンシャフトと干渉し、最悪の場合、ハンドル操作が不能になる恐れがある。これまでに高速道路上で2件、一般道路上で1件の物損事故が起きている。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。