近運局 バス無事故22社表彰 最長は8期の中紀バス

近畿運輸局は2016年10月19日、一定の期間無事故だった管内バス会社22社を表彰した。

n1027d

保有車両に応じて6カ月から5年を1期とし、期間終了後に表彰している。今回の最長は、中紀バス(和歌山県由良町、高垣宏社長)の8期22年6カ月だった。
表彰式では、若林陽介局長がそれぞれに表彰状を手渡し、挨拶ではバスの重大事故発生で失ったバスの信頼回復に向けた取り組みを紹介しながら「安全の重要性を深く理解し、トップからドライバーまで安全確保に不断の努力に敬意を表したい」と称えた。
受賞者は次の通り。
【大阪】緑風観光、大阪空港交通(以上3期)▽関西中央交通、サザンエアポート交通、トーヨーふれ愛バス(以上2期)▽はまゆう観光、産交バス、クレベ、大阪バス(以上1期)【兵庫】三共運輸(5期)▽日産チェリー佐用販売、淡路交通、神姫観光バス(以上2期)▽姫路観光バス(1期)
【奈良】高田交通、葛城交通(以上1期)【滋賀】滋賀観光バス(1期)【和歌山】中紀バス(8期)▽中紀河南タクシー、日の丸観光バス、有田鉄道、クリスタル観光バス(以上1期)

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。