近運局、南海バスを車両停止の行政処分

近畿運輸局は2016年10月26日付で、南海バス東山営業所(大阪府堺市)を延べ10日間の車両使用停止処分とした。対象車両は4台。労基通報に基づいて呼び出し監査したところ、4週を平均した1週間あたりの拘束時間(65時間)の超過が判明した。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。