高速バス&カーシェア社会実験

国土交通省は2016年11月15日から2017年10月31日まで、東名高速・浜松ICに近接する浜松インター駐車場(静岡県浜松市)で高速バス&カーシェアリング社会実験を実施し、高速バス事業者の遠州鉄道とカーシェア事業者のタイムズ24が参加する。

カーシェアを活用することにより、高速バス利用者の行動圏を広げ、観光振興や地域活性化の可能性を検証する。
利用方法はカーシェア車両を予約し、高速バスで浜松インター駐車場に行き、そこでカーシェア車両を受け取り、浜松市内の史跡や城址などを周遊する。
高速バスは横浜線(浜松駅~横浜駅)が1日3往復、渋谷・新宿線(浜松駅~渋谷マークシティ~バスタ新宿)が4往復運行する。カーシェアの料金は6時間まで3969円▽12時間まで4860円▽24時間まで5670円で、別途配送利用が1千円。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。