中国運輸局、体調不良で寝過ごしバスを文書警告処分に

中国運輸局は2月7日付で、中国JRバスを運転者への適切な指導、監督不行き届きで文書警告処分とした。

同社東広島支店所属運転者は1月23日、広島県呉市から大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンまで高速バスで運行中、体調不良を訴えて山陽道福山サービスエリアで乗客17人を乗せ休憩し、寝すぎてしまったことから乗客を数時間車内に閉じ込めた。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。