滋賀バス協 交通バリアフリー研修 高齢者の不自由さ体感

滋賀県バス協会は2017年3月1、2日の2日間、会員各社の運転者らを対象に今年度の「交通バリアフリー研修会」を滋賀県草津市の滋賀県社会福祉協議会福祉用具センターで開催した。毎年実施している研修会で、今回は2日間に合計30人が参加した。

n0313b

研修会は近畿運輸局消費者行政・情報課から安藤哲至課長補佐を招き、バリアフリーを取り巻く環境について約30分の説明を受けた。こののち参加者がインスタントシニアとして高齢者や体の不自由な人たちの体感を疑似体験した。
同センターの担当官から説明を受けながら左右の足首に重さの違う器具を付けたり、前方が見えにくいゴーグルをはめたり、7つの器具で体を不自由にした上でバスの乗降、運賃表示の見え方などを体験して高齢者らの大変さを知った。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。