持続可能な地域交通ネット実現に282億円

総合政策局の「持続可能な地域公共交通ネットワーク実現」は282億4千万円(32%増)を計上し、過疎バスやデマンドタクシーの運行、バス車両の更新やノンステップバスの導入などを支援し、地域公共ネットワーク形成に向けた計画策定などを後押しする。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据えたバリアフリー化の推進に1億1千万円を充て、ハード・ソフト両面のバリアフリー化を加速する。
観光庁は「訪日外国人旅行者受け入れ環境整備対策事業」に88億1千万円を要求し、観光に関係するエレベーター整備や手ぶら観光、交通分野へのボイストラの導入支援などにも充当する。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。