賀詞交歓会 大バス協

大阪バス協会(塩川耕士会長)は14日、大阪市内のホテルで年賀交歓会を開催。冒頭、塩川会長は乗合バス、貸切バスに分けて抱える課題などを含めて次のように挨拶した。

賀詞交歓会 大バス協
「乗合バスは交通政策基本法に基づいて基本計画の立案が進められている。都市、地域づくりの中で公共交通としての役割を果たすため地方自治体との連携が大事」
「貸切バスは新運賃が導入され、燃料価格の下落で経営的に少しホッとしているが予断は許さない。新運賃の適正収受の死守を。利用者に理解を得られるよう周知を」
次に直近で発生しているバスにかかる事故について「健康起因事故やバス車両の火災事故など対策は喫緊の課題」と述べて各社に向けて「対策に取り組んでほしい」と強く訴えた。
[dfp]

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。