自工会 10月の国内生産・輸出実績 乗用車16カ月ぶり増

日本自動車工業会(池史彦会長)がまとめた2015年10月の四輪車の国内生産台数・輸出実績は、生産が前年同期比0.5%減の81万3110台で、16カ月連続のマイナス、輸出は3.8%増の41万6472台と2カ月連続で前年同月を上回った。

日本自動車工業会 2015年10月の四輪車の国内生産台数・輸出実績

2015年10月 四輪車国内生産台数・輸出実績

生産台数

生産台数を車種別にみると、乗用車は0.9%増の68万9929台で16カ月ぶりのプラスに転じた。このうち、普通車は8.7%増の43万2274台で5カ月連続のプラス、小型四輪車は3.4%減の13万5603台で3カ月ぶりのマイナス、軽四輪車は16.4%減の12万2052台で10カ月連続のマイナスだった。

トラックは7.0%減の11万1492台で、6カ月連続のマイナスとなった。このうち、普通車は12.3%減の4万9152台で3カ月連続のマイナス、小型四輪車は0.6%増の2万7942台で3カ月ぶりのプラス、軽四輪車は4.7%減の3万4398台で14カ月連続のマイナスだった。

バスは11.6%減の1万1689台で、4カ月連続のマイナスとなった。このうち大型は13.7%減の139台、小型は11.5%減の1万817台。

なお、1~10月の累計生産台数は、前年同期比6.3%減の774万8台だった。このうち、乗用車は7.0%減の652万260台、トラックは2.9%減の110万3236台、バスは2.0%減の2360台と、全ての車種でマイナスだった。

[dfp]

輸出実績

輸出実績を車種別にみると、乗用車は6.3%増の36万5410台で5カ月連続のプラスとなった。このうち、普通車は5.4%増の34万1992台、小型四輪車は22.6%増の2万3155台、軽四輪車は6.0%増の263台と全ての車種でプラスだった。

一方、トラックは13.3%減の3万8911台と二桁台の落ち込みで、4カ月連続のマイナスとなった。このうち、普通車は10.0%減の3万2864台、小型四輪車は27.8%減の6047台。バスは4.0%減の1万2151台と2カ月ぶりのマイナスに転じた。

地域別輸出実績

地域別では、北米が2.7%増の15万2696台(うちUSAが0.6%増の14万1294台)で8カ月連続のプラスを維持して好調を維持している。欧州は17.2%増の7万1675台(うちEUは5万733台)で14カ月ぶりのプラスに転じた。

中近東は3.6%増の6万5049台で5カ月連続のプラス、アジアは2.7%増の5万45台で9カ月ぶりのプラス、大洋州は2.8%増の3万4144台で2カ月ぶりのプラス、中南米は1.2%増の2万9950台で2カ月ぶりのプラス、アフリカは27.3%減の1万2091台で4カ月連続のマイナス、その他が84.35%増の822台となっている。

なお、1~10月の累計台数は0.9%増の375万1343台で、車種別では乗用車が1.3%増の323万7258台、トラックは1.4%減の39万6494台、バスは0.2%減の11万7591台だった。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。