日本能率協会 次世代モビリティ展など

日本能率協会はこのほど、2016年4月20から22日の3日間、千葉市の幕張メッセで開催する新規展示会についての記者発表会を東京・港区芝公園の同協会で行った。

日本能率協会 次世代モビリティ展

新規展示会の記者発表

新規で行うのは「駅と空港の設備機器展」と「バス車両と運行システム展」「次世代モビリティ展」。
「駅と空港の設備機器展」は国内旅客や訪日外国人のために、駅や空港ターミナルの利便性とサービス向上のための設備・システムの普及促進を図るのが目的。駅構内や空港ターミナル内で利用される最新の設備やシステムを紹介する。
その中でバスに注目して集中展示をするのが「バス車両と運行システム展」で、車両技術と運行に関する設備やシステムを展示する。
また「次世代モビリティ展」は、同協会主催で実施するメカトロニクスとエレクトロニクス分野の専門技術展「TECHNO―FRONTIER2016」の集中展示として開催。小型モビリティ、パーソナルモビリティの展示や活用シーンを想定したデモンストレーションなどが予定されている。
このほか、昨年初めて開催し注目を集めた「国際ドローン展」も規模を拡大して同時開催する

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。