埼バス協 交通安全功労と安全運転

埼玉県バス協会(池田敦会長)は2016年2月24日、浦和ロイヤルパインズホテルで「2016年交通安全功労ならびに安全運転コンクール表彰式」を開催し、15年交通安全アドバイス推進優秀事業所3事業所、同推進優秀従業員14人、安全運転コンクール交通部長・協会長連名表彰307チーム、交通企画課長・協会長連名表彰1チームに表彰状を贈った。

308チームを表彰

「観光バス交通安全アドバイス制度」は、観光バス車内で交通安全アドバイスを積極的に推進し、交通安全意識の普及に多大な功労が認められた事業所と従業員を対象に表彰、「安全運転コンクール」は、2015年7月1日から12月31日までの6カ月間、チームの参加者10人全員が無事故・無違反のチームを対象に表象するもので今回は308チームを表彰した。
埼バス協 交通安全功労と安全運転 308チームを表彰
挨拶に立った池田会長は、「厳しい走行環境の中で日夜、交通安全に努め、事故防止に寄与された皆さんの功労に心から感謝申し上げる。1月に軽井沢で死者15人という痛ましいスキー事故が発生した。非会員とはいえバス業界の信頼を大きくそこなう事故であり、私たちは安全が何より優先すべきという使命を肝に銘じ安全輸送の徹底に努めたい」と厳しい表情で述べた。
来賓の後藤秀明埼玉県警察本部交通部長、田島克彦埼玉運輸支局長、一色信行自動車安全センター埼玉事務所副所長が祝辞を述べ、受賞者を代表して西武バスの大石茂氏が謝辞を述べた。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。