観光庁がトップトラベルを聴聞

観光庁は18日に、軽井沢スキーバス事故のスキーツアー商品を販売したトップトラベルサービス(東京都渋谷区)に対して、業務停止(54日間)の前提となる聴聞を行う。

同社は、スキーツアー催行会社のキースツアーから提供を受けてツアー商品を販売したが、旅行業法に違反して、運行バス事業者の安全確保のための取り組みを把握しておらず、バスの行程や行程を変更する場合の連絡体制を確認していなかった。

[寄稿者情報]
株式会社交通毎日新聞社: 大正13年3月設立。交通毎日新聞の発行のほか自動車専門書・雑誌の発行、団体機関紙などの編集・発行を行う。交通毎日新聞の購読のお問い合わせはこちらから

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。