近運局秋のバス無事故表彰 南海バスなど6社局

水間鉄道04年から事故ゼロ

近畿運輸局は、2012年秋のバス無事故近畿運輸局長表彰を大阪市中央区の大阪合同庁舎で開催。バス会社の車両数により6カ月から5年を1期として今年9月30日まで無事故の達成会社を表彰した。

大黒伊勢夫近運局長から表彰状を受ける東真也南海バス社長

バス無事故表彰は1954年(昭和29年)から毎年春と秋に近運局が実施しているもので、今回の受賞会社は大阪の南海バス、水間鉄道、シンワ観光バス、南海ウイングバス、金岡と兵庫のウエスト神姫、尼崎市交通局の6社局。この中で無事故期間の最長は南海バスの4期2年だった。

表彰式は大黒伊勢夫局長が各社代表に表彰状を手渡した後に挨拶し、「バスは地域の人たちや観光の足として欠かせないが安全が最重要。この中で皆さん方のたゆみない努力でバスの事故件数、死者数とも少なくなっている」と日頃の安全確保を称賛するとともに努力に敬意を払った。一方で高速ツアーバスの事故を例に「事故があれば社会的影響が大きい」と注意を喚起し、今後も他の模範になることを期待した。

受賞会社代表謝辞では、尼崎市交通局の有川康裕氏が「今後も安全と安心を第一義とし、地域から愛され信頼される公共交通機関として輸送サービスを提供していく」と述べ、今後一層の精進を重ねることを誓った。
受賞会社は次の通り。

【大阪】南海バス(2010年10月1日~4期)▽水間鉄道(04年10月1日~3期)▽シンワ観光バス(08年10月1日~1期)▽南海ウイングバス金岡(10年4月1日~1期)【兵庫】ウエスト神姫(10年4月1日~1期)、尼崎市交通局(11年4月1日~1期)

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。