交通安全功労者など 埼バス協が表彰式

埼玉県バス協会(池田敦会長)の「平成24年度交通安全功労ならびに安全運転コンクール表彰式」が2月25日、さいたま市の浦和ロイヤルパインズホテルで開催され、交通安全アドバイス推進優秀事業所5事業所、交通安全アドバイス推進優秀従業員17人、安全運転コンクール優秀295チームに会長・交通部長連名の表彰状が授与された。
この表彰制度のうち「観光バス交通安全アドバイス制度功労賞」は、平成15年4月に官民一体で発足。観光バス車内における交通安全アドバイスを積極的に推進し、交通安全意識の普及に大きな功労が認められた事業所や従業員が対象。「安全運転コンクール」は、平成11年から運転者などの交通安全意識の向上を目指すため実施。同一事業所に勤務する運転者10人を1チームに構成して参加。7月1日から12月31日までの6カ月間無事故無違反チームが表彰される。
今回は、405チーム・4050人が参加、295チームが表彰された。池田会長の挨拶があった後、来賓の小西埼玉運輸支局長、鈴木哲雄埼玉県警察本部交通部参事官、金川智自動車安全運転センター埼玉県事務所長の祝辞があり受賞者を代表して西武バス飯能一班チームの伏見裕也さんが謝辞を述べた。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。