大阪バス、4路線目の高速バスを大阪〜高知で運行

大阪と東京、名古屋、京都を結ぶ高速バスを運行する大阪バス(西村信義社長)は、新たに高知路線を開設し、「高知特急ニュースター号」の運行を始めた。昨年6月の東京路線開設に続き同社4路線目となる。
運行は他路線と同様に単独運行で、1日に昼行便2往復、夜行便1往復の合計3往復。全席指定席の独立3列シートで定員29人。運行は東大阪布施駅から天王寺駅、大阪駅を経由し、高知駅、はりまや橋(得月楼前)の間。所用時間は6時間40分を見込み、往路が323㎞、復路326㎞の実車距離となる。
運賃は片道大人6千円、小人3千円。大人料金には往復割引や回数券も適用する。さらに高知路線の運行開始を記念し、初日から7月23日までの3カ月間はキャンペーン割引を実施し、大人片道6千円を5400円とする。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。