ネクスコ東 道内レンタカー4社と連携 「北海道エクスプレスウェイパス」を販売

ネクスコ東日本は北海道を訪れる外国人旅行者向けに今月から来年3月末(利用期間は4月13日)まで、道内レンタカー会社4社と連携し、ドラ割「北海道エクスプレスウェイパス」を販売する。
連携するのは、トヨタレンタリース札幌、トヨタレンタリース新札幌、ニッポンレンタカー北海道、オリックス自動車。
ETC車(普通車限定)で道内の高速道路が2日間から14日間の期間中、乗り放題となる。2日間は3500円で1日当たり1750円、8日間は8千円で同1千円、以降は同千円以下となり、14日間であれば1万1千円で同786円と極めて割安で利用できる。ETC車なので、言葉や料金を気にせずに北海道観光を楽しめる。
同社は18年度から北海道エクスプレスウェイパスの発売を開始し、12年度(12年6月29日〜13年3月末)は前年度の4倍の約500件の利用があった。従来は期間限定商品だったが、今年度からは通年利用に拡大する。
レンタカー4社の営業所でパスポートまたは永住権を証明するものと、国際運転免許証を提示して申し込む。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。