梅田に癒しのカフェ 安藤忠雄氏が壁面緑化 ウィラートラベルが開設

ウィラートラベルは、高速バスのウィラーバスターミナル大阪梅田(大阪市)のバス乗降場に「ウィラーエクスプレスカフェ」をオープン、8月2日から営業を始めた。高速バスの利用者がバスの乗降時に利用できるのをはじめ、周辺からの来店でバスの認知度向上も図る。
カフェはバス乗降場の後方で店舗面積は約50㎡。「緑の中にある、ほっとできるスタイリッシュなカフェ」がコンセプトで、建築家の安藤忠雄氏が壁面緑化を手掛けた。
バス発着の時間帯に合わせて午前6時30分から午後11時までの営業で、移動による疲れを癒したり、1日の始まりの支度をしたりするなどの空間として食事や飲料を提供する。テイクアウトも可能。座席数は80席。バス利用者には「バス割」としてセットメニューに割引料金も設定した。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。