宇宙ツアー「スターファイター」広島へ

高速バスのウィラーエクスプレスが昨年8月に運行をはじめたアトラクションバス「スターファイター」が広島まで足を伸ばした。8月2日から「大阪・京都〜広島」間の高速バスとして関西から中国のファンの前にお目見えとなった。
スターファイターは、日本最先端のバス開発技術とIT(情報技術)テクノジーを結集し、バス車内で宇宙空間を体験できるアトラクションバス。車内は前方、側面のモニターと天井スクリーンが連動して宇宙空間を映し出し、乗組員となる乗客が各シートに設置されたジョイスティックで「伝説のクリスタル」を捜して操作する。「移動で世界を元気にする企業」をビジョンとするウィラーグループのウィラートラベルが宇宙ツアーと銘打って乗客をウェブサイトで募集して8月に東京近郊で運行を開始した。
夏休みの子供たちの人気を呼び、今年3月には都市間移動となる「大阪〜名古屋」間でも春休み期間限定で運行した。このときは延べ21日間で約700人が宇宙ツアーに参加した。また、今年のゴールデンウイークには「東京〜名古屋」間も実施。今回の「大阪・京都〜広島」は第3弾となる。
ウィラーエクスプレスは7月31日から、これまでの高速ツアーバスから新高速路線バスに衣替えをして新たに運行を開始。この新たな出発を記念して広島観光が楽しめるよう中国JRバスと提携し、同社が運行する広島市内循環バス「ひろしま めいぷる〜ぷ」に乗り継げるセット乗車券も販売している。長距離の移動をアトラクションバスで楽しみ、到着後は広島市内を地元の循環バスで観光するコースとなる。
運行日は8月2〜4日、8月9〜10日、8月19日〜9月30日。運賃はめいぷる〜ぷ乗車券付きで広島行き4200〜6600円、大阪・京都行き4100〜6500円。さらに新高速路線バスへの移行を記念したキャンペーンを利用すると、座席数限定のめいぷる〜ぷ乗車券付きで470〜520円と格安となる。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。