バスジャック対策強化通達 国交省

 国土交通省は、千葉市中央区で運行中の路線バスに刃物を持った男が乗り込み、乗客乗員を人質に立てこもったバスジャック事件が発生したのを受け、「バス輸送の防犯体制の再徹底について」を日本バス協会と高速ツアーバス連絡協議会に通達した。

 通達は、①日バス協作成の「バスジャック統一対応マニュアル」に基づき、被害車両の乗務員と事業者の対応、事業者の連絡・報告体制の構築②警察など関係機関と連携し、定期的にバスジャック対策訓練を実施することをあらためて要請した。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。