近鉄バス、京阪神から大分へ「SORIN号」運行

近鉄バスは近畿運輸局に9月末申請していた「京都・大阪・三宮~中津・別府・大分」間の夜行高速バスがこのほど認可され、12月21日から運行を始める。

バスの愛称は豊後の国の戦国大名、大友宗麟を由来にした「SORIN(そうりん)号」で、近鉄高速バス初のローマ字表記となる。予約は1日から開始している。

京都駅八条口を発着とし、あべの橋駅、なんば駅の近鉄駅を経由して大阪駅間、三宮バスターミナルを経て中津サンライズホテル、別府北浜、大分新川間を運行する。京都から片道8900円。小児半額。共同運行は大分バス、大分交通、亀の井バス。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。