明石市営バス移譲 神姫バスと山陽バス継承

明石市営バス移譲 神姫バスと山陽バス継承

近畿運輸局は、11年9月27日に申請のあった兵庫・明石市営バスの事業廃止を9日付で認可し、全路線を継承する神姫バス、山陽バスの事業計画変更(路線の延長)も合わせて同日認可した。両社は継承で3月17日から運行を開始した。

明石市営バスが移譲したのは、神姫バスに9路線、合計11.95㎞。この間に停留所は46カ所ある。山陽バスは20路線、合計9.76㎞。停留所23カ所。ともに明石市営バスの運賃である200円均一運賃で運行する。
さらに両社は、継承路線のほかに神姫バスは明石駅発着の6系統、山陽バスも1系統を新たに路線設定して運行を始めている。これにより既存路線の増便と新規路線で便数が大幅に増加した。
明石市営バスは、1950年(昭和25年)からバス事業を行ってきたが、維持尊属が困難となり、神姫バス、山陽バスに事業を移譲することとし、交渉を重ねてきた。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。