岡山市内循環バス 八晃運輸事業許可 中国運輸局 東日本は無料化で続伸 中・西は8カ月連続減

岡山市内循環バス 八晃運輸事業許可 中国運輸局

中国運輸局はこのほど、岡山市のサンタクシーを運営する八晃運輸(成石敏昭社長)から昨年10月20日に申請のあった一般乗合旅客自動車運送事業(乗合バス事業)を許可した。
同社は岡山市内循環バスを100円均一運賃で運行する。運行開始日は未定。
運行経路は岡山市内循環線として右回り(4.5㎞)、左周り(4.4㎞)を設定し、それぞれ岡山駅前(ドレミの街前、高島屋前)から岡山駅前まで循環する。
右回りは午前8時始発で午後7時36分の終発まで。左回りは同午前8時5分から同午後7時32分まで、それぞれ55便を運行する。車両は7両で32人乗り小型ノンステップバス。同社はサンタクシー237台、八晃運輸5台も運営。タクシーは吉備交通、大和交通とともにサンタクシーグループ

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。