安全性高めた新型バス ふそうといすゞ発売

安全性が向上 新型バスを発売開始

7月からECE規制(ヨーロッパ経済委員会が定める国際基準)に準じた乗員保護規制が施行されることを受け、三菱ふそうといすゞが安全性能を高めた新型バスを7月2日から発売すると発表した。

三菱ふそうトラック・バスは、大型観光バス新型「エアロクィーン」と新型「エアロエース」をマイナーチェンジし、全車の運転席に多重感知式ELR3点式シートベルトを採用し、客席には多重感知式ELR2点式シートベルト(最前列客席と最後尾中央客席には多重感知式ELR3点式シートベルト)を採用。さらにアクセルとブレーキが同時に操作された際に、ブレーキ操作が優先されるブレーキオーバーライドシステム(BOS)を国内の大型観光バスで初めて搭載した。

三菱ふそうの大型観光バス「エアロクィーン」

三菱ふそうの大型観光バス「エアロクィーン」

また、側方の視界を充分に確保することができる新開発のサイドビューカメラを全車に標準装備し、安全性能を大幅に向上させている。

いすゞ自動車は、大型路線/自家用バス「エルガ」、中型路線バス「エルガミオ」、大型観光バス「ガーラ」、中型観光/送迎バス「ガーラミオ」を改良。新規制への対応に加え、路線バスは中扉が開いている時の動力伝達をカットする安全装置を標準装備することで新ワンマンバス構造要件にも適合させた。

いすゞの新型「エルガ」(右)と「エルガミオ」

いすゞの新型「エルガ」(右)と「エルガミオ」

また、「エルガ」全車で、平成21年基準低排出ガス車認定を取得し、重量車燃費基準達成車を追加することで、新エコカー減税対象車型を拡大。「エルガミオ」のMT車には新たなアイドリングストップ&スタートシステムを採用することで重量車燃費基準を達成している。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。