新大阪阪急ビル7月31日竣工 1階に高速バス乗り場

バスターミナルは11月1日から営業を開始

阪急電鉄がJR新大阪駅北側に建設を進めてきた「新大阪阪急ビル」が7月31日に竣工する。同ビルは店舗、オフィス、ホテル、バスターミナルが入る複合ビルで、JR新大阪駅と地下鉄新大阪駅に直結する。8月22日には現在改修工事中のJR新大阪駅北口の使用開始に合わせ、同ビルの2、3階の店舗をオープンさせる。

同ビルは阪急電鉄が2010年5月から建設しているもので、敷地面積約4150㎡、延べ床面積約3万5600㎡、地上17階建ての複合ビル。1階には、現在新御堂筋西側で運用していた阪急高速バス新大阪バスターミナルを移転させ、11月1日から営業を開始する。関東から四国、九州など25路線、1日65便を運行する。大阪国際空港への路線バスも1日8便運行する。

バスターミナル内には阪急タクシーの乗り場とニッポンレンタカー阪急の新大阪営業所も併設する。

このほか2、3階は店舗、3~11階はオフィス、12~17階はシングル255室、ツイン41室の宿泊主体型ホテル「レム新大阪」が関西初出店する。ホテルのオープンは9月21日の予定。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。