南海高速バス 7月20日から大阪駅前を経由停車

南海バスは江ノ電バス藤沢と共同運行している夜行高速バス「小田原・藤沢・鎌倉行」と西肥自動車と共同運行している同「佐世保・ハウステンボス行」の両路線を7月20日から、大阪駅前で停車させる。

両路線は大阪府堺市内を起点とし、難波を経由して目的地に向かっているが、利用者の要望が多い大阪駅前の桜橋口アルビ前も経由、停車することとした。両路線は1日1往復で3列独立シート。運転者2人での交代運転。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。