ホテルニュー日活の いすゞCDM370(福島県)

シリーズ 全国 保存モノコックバスめぐり(9)

全国に存在する『保存バス』を巡る不定期連載コーナーです

「保存モノコックバスめぐり」(9)は、2017年8月18日アップの「伊予鉄南予バス(愛媛県)の『日野K-RL321 1980年式』」(←その記事はココをクリック)以来約3年ぶりの現役車輛の拙稿になる。
登場するのは福島県中通り矢吹町で活躍している『いすゞCDM370川重車体』。当サイトのポリシーとして自家用モノコックバスの紹介は原則としては控えていたが、ホテルの送迎車ということで人目に触れることも多く、この車輛の存在をご存知の方も多いと思ったので、ここで掲載させていただいた。

当サイトでは紹介車が営業用車以外の白ナンバー車の場合には、本来ナンバーを出さない方針だったので建前上消している。まぁ車体側面にURLが記されているので思いっきり所在がバレているが…。ということで、消す意味はまったくないが、その方針は踏襲させていただいた。

では、CDM370をまずは斜めのアングルにてグルリと一周して眺めていこう。

丸っこい車体形状がモノコックバスの証し。

メーカーと形式は「いすゞCDM370・川重車体(KAWASAKI BODY)」、MFG.DATA1983年-9式。保存車なのか? という点には疑問を抱く方も居るかもしれないが、筆者判断でその仲間に入れさせていただいた。
所有しているのは、福島県中通り西白川郡矢吹町にある「ホテルニュー日活」で、位置的にはJR東北本線矢吹駅西300mほどの場所になる。
このホテルについては後述するので、次は四面を写真で見ていこう。

ボディカラーはシンプルだが、車体四面にホテルのURLが記されているので、駅前とかで待機していただいてても見つけやすそうだ。

ドア内の銘板位置には「いすゞ」と共に「KAWASAKI BODY」の銘板も貼られていて、IKコーチ誕生前の布石になった両者の関係を現代に伝える生証人といえるかも知れない。

テールのバックランプ上に貼られた「ISUZU」のエンブレム。


[dfp]
■所有ホテルをご紹介

いすゞCDM370を所有しているのは「ホテルニュー日活」というホテルで、先にも触れているがJR東北本線矢吹駅から西に300mほどの場所にある。

ホテルニュー日活の正面。ここには写っていないが、バックに広大な駐車場がある。

かなり存在感のあるホテルなのだが、コレが新幹線駅以外の駅前にあるというのも他地域の人からしたら意外に思うかも知れない。だがパンフレットを見てみると、東北道矢吹ICからも近いし、大宴会場があって、結婚式などの宴会や会議といったニーズにも対応していて、地元に必要な設備を有したホテルなことが判明した。そして、だからこそ送迎バスをも有した規模のホテルなのだろう。

ホテルニュー日活のパンフレット。東北道矢吹ICやJR東北本線矢吹駅からも近く、400人が入れる大宴会場を有した、地域に必要なホテルであることが解る。

当サイトの読者で、結婚式を予定していて、式場へモノコックバスから新郎新婦入場をしたいと考えている方がいらっしゃったら、お勧めのホテルだといえそうだ(笑)。

■ホテルニュー日活
0248-42-3721 FAX.0248-42-3761
http://www.hotel-nikkatsu.co.jp/

ここに掲載の内容はアップ日時点の情報になります。その後に状況の変化があったり、変更があった場合にはご容赦ください。

[寄稿者プロフィール]
秋本敏行: のりものカメラマン1959年生まれ。鉄道ダイヤ情報〔弘済出版社(当時)〕の1981年冬号から1988年までカメラマン・チームの一員として参加。1983年の季刊化や1987年の月刊化にも関わる。その後に旧車系の自動車雑誌やバイク雑誌の編集長などを経て、2012年よりフリー。最近の著書にKindle版『ヒマラヤの先を目指した遥かなる路線バスの旅』〔三共グラフィック〕などがある。日本国内の鉄道・軌道の旅客営業路線全線を完乗している。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。