踏切の警報機が鳴ったので待っているとバスがきた

タイトルで言うバスとは実はBRT(バス・ラピッド・トランジット)のこと。ところで、そのBRT専用道の元踏切(?交差点)というと、総体的には一般道とBRT共に普通の信号機があり、BRT側のみに一般車の誤進入を防ぐための遮断機がある、下の写真のような設備をイメージするだろう。

気仙沼線BRT気仙沼-不動の沢 間にある遮断機。BRTと一般道との元踏切(?交差点)の総体的イメージはこのスタイルだろう。

そんなBRT専用道だが、横断側に警報機があり、しかもそれが現役で鳴り、待っているとバス車輛がくる踏切がある。
場所は大船渡線 大船渡-盛 間で、位置的には盛駅から南に200mくらいの地点になり、「佐野街道踏切」という名称が付いている。

警報機が鳴り、待っているとバスがくる佐野街道踏切。画面左が盛方、右が気仙沼方。車輛は日野ブルーリボンシティハイブリッド。

右の気仙沼方から終着の盛を目指すBRT。車輛は日野ブルーリボンシティハイブリッド。このアングルからだと、鉄道線と並行しているのがよく解る。ちなみに線路は三陸鉄道リアス線。

なぜこのような踏切があるのか。勘が良い方ならすでにお解りと思うが、ここは元々鉄道線の大船渡線が通っていた場所で、BRTになる前には普通の鉄道の踏切があって、さらに隣に三陸鉄道の線路が並行しているのが眺められるが、これとの供用の警報機があり、それが残ったモノだ。
ではなぜBRTの他の警報機は撤去されたのに、ここだけが残ったのか。

佐野街道踏切の先に見える遮断機は岩手開発鉄道の踏切のモノ。

警報機が残ったのは、並行する三陸鉄道とのスペースなど関係から踏切が分離(BRT専用道も踏切というのかは謎だが!?)移設されなかったと思われるが、いまとなってはココに鉄道の線路が通っていた証しとしての貴重な存在になっている。

JR大船渡線・三陸鉄道リフス線盛駅の南側(気仙沼・釜石寄り)に架かる跨線橋上から佐野街道踏切が遠望できる。右からBRT専用道、リアス線で、その先にあるのが佐野街道踏切。三陸鉄道の車庫を挟んだ左にある線路は岩手開発鉄道。

どうせなら遮断機もあればもっとリアルだと思うのだが、元の鉄道時代の頃から警報機のみ遮断機なしの第3種踏切だったので、あえてバージョンアップまではまさかしないだろうから仕方がない。
ただ、BRT高速輸送システムが将来的な定時運行管理をする警報機の有用性を見る実証テストの場として1ヶ所くらいあっても良いのかなとも思う。

せっかくなので、BRT旋回場の写真も載せておこう。北側にある中井踏切から南向き(気仙沼方)の撮影で、岩手開発鉄道との供用踏切のため、JRのレールは切れているが、警報機と遮断機はそのままの位置で現役として使用されている。左の駅は岩手開発鉄道盛駅跡。

なんといっても、バスの通過に対しても警報機が鳴るのが特長の佐野街道踏切は、この後に大船渡線BRTが高速輸送システムとしてさらに発展しようとも、鉄道が通っていたシンボルとして、このスタイルで残ってほしいモノだ。
なお、JR東日本のBRTについては、2019年2月23日アップの「JR気仙沼線 柳津駅の列車⇔BRT接続スタイルを眺める」と、2016年1月20日アップの「JR気仙沼線BRTに乗ってみました 気仙沼→柳津」で紹介しているので、合わせて見ていただけたらありがたい。

ここに掲載の内容はアップ日時点の情報になります。その後に状況の変化や、変更があった場合にはご容赦ください。

[寄稿者プロフィール]
秋本敏行: のりものカメラマン1959年生まれ。鉄道ダイヤ情報〔弘済出版社(当時)〕の1981年冬号から1988年までカメラマン・チームの一員として参加。1983年の季刊化や1987年の月刊化にも関わる。その後に旧車系の自動車雑誌やバイク雑誌の編集長などを経て、2012年よりフリー。最近の著書にKindle版『ヒマラヤの先を目指した遥かなる路線バスの旅』〔三共グラフィック〕などがある。日本国内の鉄道・軌道の旅客営業路線全線を完乗している。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。